ブログにてチューガイシロアリの最新の現場情報や、時には社員のつぶやきなど見れるようになりました。是非チェックしてください。


チューガイシロアリ
こんな会社です

シロアリ 神戸
シロアリ 姫路
シロアリ 淡路
シロアリ 宝塚


シロアリの生態

シロアリの種類

シロアリ駆除の手順

シロアリを未然に防ぐ

施工実績&被害例

研究活動

床下換気システム
 

ご相談はお気軽に
 
トップページに戻る
 
虫一筋の会長自ら中心となり、大学教授の先生とも協力し、被害写真、種別に写真集を出版。さまざまなシロアリの写真、実被害の様子などが良く分かります。ご興味のある方はお問い合わせください。
 
株式会社チューガイ
神戸市垂水区桃山台1丁目2番8号
Tel:078-753-3551
Fax:078-752-2609
 




★ シロアリの種類


<従来のシロアリとは> 

兵庫県下において通常白蟻と言うのは、ヤマトシロアリとイエシロアリの2種類です。
2種類ともに野外の切株、枯木、杭等の営巣場所から地中にトンネルを構築し、建物の基礎や束石の表面に蟻道(土や食べかす等を固めたトンネル)を作って建物に侵入します。
また白蟻は、木材だけでなくコンクリートやレンガ・プラスチック・発砲スチロール・断熱材にも穴をあけることがありますので、床下土間コンクリートでも簡単に食い破って建物等に侵入してきます。さらに畳やダンボールも好んで食害します。

★ヤマトシロアリ

日本全土に生息する白蟻で、主に湿った木材を好んで食害するため、被害は床下や風呂場、台所、結露や雨漏りのある場所に集中します。4月中旬から6月の昼間に羽アリが群飛(繁殖のために飛び立つ事)します。多数の羽アリが数回発生します。

切り株に群がるヤマトシロアリ職蟻
土中より侵入した
シロアリの道(蟻道
シロアリの被害。
木の内部をきれいに食害


★イエシロアリ

千葉県以南の主に海岸線に生息する白蟻で、ヤマトシロアリと同様に湿った木材を食害しますが、水分を運ぶ能力がヤマトシロアリよりも優れているので乾材に対しても湿らせながら加害することができるため、被害は建物全体に及びます。6月から8月の温暖多湿の夕方に羽アリが群飛(繁殖のために飛び立つ事)します。多数の羽アリが数回発生します

イエシロアリ職蟻兵蟻
茶色い頭のシロアリ兵蟻
イエシロアリの太い蟻道
土間コンクリートを
食い破って侵入



★カンザイシロアリ

漢字で書くと一目瞭然で【乾材シロアリ】

カンザイシロアリとは乾燥した木材や野外の枯枝や樹幹の中に棲むシロアリで、現在国内にはダイコクシロアリアメリカカンザイシロアリの2種類が生息しています。ダイコクシロアリは小笠原と奄美大島以南に分布する在来のシロアリですが、アメリカカンザイシロアリは1975年に東京都で被害が確認されて以来急速に拡がり、現在宮城県仙台市から沖縄県那覇市にかけての22都府県で被害が発生しています。


<アメリカカンザイシロアリとは>

その名の通りアメリカ太平洋岸に沿ってワシントン州からメキシコ北部にかけての広い地域に分布する【Western drywood termite】と呼ばれる有名な建物害虫です。特に被害の激しいカリフォルニア州では法令で防除が義務付けられていて、年間15万戸以上も燻蒸処理が行われているそうです。
日本においては、アメリカからの家具・梱包材・建築材等に生息もしくは付着した形で人為的に持ち込まれ、家屋内の乾材に侵入し被害を拡げ、羽アリの分散によってさらに建物内の別の箇所に新たなコロニー(巣)を形成しつつ、近隣の建物へ拡大していったものと思われます。

木材に食孔あけて顔を見せる
アメリカカンザイシロアリ
職蟻

被害材を割ってみると中から大量のアメリカカンザイシロアリ
中央付近の茶色い頭のシロアリ兵蟻
所々に、砂のようなフンがある。


<アメリカカンザイシロアリと従来のシロアリとの違い>

アメリカカンザイシロアリには、職蟻(働きアリ)に蟻道を構築する能力がないので、連続した木材へは加害範囲を拡げることはできるが、離れた材へ移動する事ができない。離れた材に加害がある場合は羽アリによって新たなコロニー(巣)ができたことを意味する。 このようなことから建物に侵入したアメリカカンザイシロアリは、まず被害を点々と発生させ、さらに羽アリの分散で面として被害範囲を拡大させます。 ヤマトシロアリやイエシロアリと違い、建物内のすべての構造材や木製品に営巣することができるため、一旦侵入すると時間の経過につれて被害箇所が拡大・増加していきます。また一つのコロニーが非常に小さいため、1本の材に複数のコロニーがある例や1軒の家に32個もコロニーがあった例もあります。

    ●生態の違い
    • 建物への侵入は、群飛した羽アリか被害材の持込みで始まる。羽アリは材の割目、継目、隙間等から穿孔(穴をあける事)して営巣する場合が多い。コロニーの成長は緩やかで、最初は材の表面近くを加害するが、やがて材内部に大きな食孔を穿ち、コロニーの中心部とする。
    • 営巣後4〜6年目から始まる群飛によって建物内及び近隣へ拡散し、順次コロニー数が増加する。
    • 被害材に直径2mm程の丸い孔をあけ、砂粒状の排出物を落とす習性がある。被害材では、食孔の一部が排出物の捨場となり、大量の排出物が詰まっている。この排出物によって被害の有無と範囲をある程度推測できる。
    • 生活場所は未腐朽部に限られ、腐朽した材では長く生存できない。
    • 少数の職蟻やニンフ(羽アリになる前の段階の個体)から容易にコロニーが再生される。実験的にはオス1頭メス1の1対から再生する。
    • 3月から11月の日中に羽アリが群飛する。少数の羽アリが長期間にわたって発生する。

天井裏にアメリカカンザイシロアリ
フンが大量に落ちている。

アメリカカンザイシロアリのフンの拡大図

アメリカカンザイシロアリの被害材


<兵庫県下における現状>

現在、兵庫県下で確認されているアメリカカンザイシロアリの被害地域は、下記の通りです。
神戸市東灘区・兵庫区・長田区、芦屋市、西宮市、宝塚市、尼崎市、加古川市、明石市
これらの地域の全域で被害が拡大しているわけではなく、基本的にはその一部の地域でとどまっているようですが、アメリカカンザイシロアリが生息している一部の地域では、そのエリア一帯が軒並みアメリカカンザイシロアリの被害を受けていて、羽アリの群飛も目を見張るものがあるようです。また大多数の家の周囲にはアメリカカンザイシロアリの砂粒状の排出物(フン)が堆積していて生息の有無と被害の拡がりが見て取れるほどです。

 
 
★ネバダオオシロアリ
(製作中)
チューガイシロアリ トップページに戻る
chugaishiroari.co.jpに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は株式会社チューガイに帰属します。
(C)2001,CHUGAI CO.,LTD.